ホーム > 使い方

使い方

ノートPCなどモバイルデバイスを起動し、認証ウィンドウが表示された段階でUSBポートにハードウェアトークンを挿入します。ユーザーIDを入力後、パスワードエリアにてハードウェアトークン上のボタンを押すことで、自動的にワンタイムパスワードを生成、入力することが可能です。ボタンを押すだけのワンアクションで入力が完了するため、パスワードを一切覚えておく必要がありません。

PCの電源を入れ起動。YubikeyをPCのUSBポートに差し込みます。
1
PCの電源を入れ起動。YubikeyをPCのUSBポートに差し込みます。
ブラウザから「Secure Access」にアクセスします。
1
ブラウザから「Secure Access」にアクセスします。
ユーザーIDと固定パスワードを入力します。
1
ユーザーIDと固定パスワードを入力します。
※固定パスワードを設定していない場合は、ユーザーIDのみ入力
Yubikeyにタッチすると、ワンタイムパスワードが入力されます。
1
Yubikeyにタッチすると、ワンタイムパスワードが入力されます。
認証が完了してTOP画面が表示。 アクセス先となる社内環境などでの操作が可能となります。
1
認証が完了してTOP画面が表示。 アクセス先となる社内環境などでの操作が可能となります。

MagiPassで用いられるハードウェアトークン「YubiKey」は、指先に収まる小型サイズのUSBデバイスで、持ち運びに便利です。USBポートに差し込んでボタンを押すだけで認証できるため、ITリテラシを意識することなくユーザーフレンドリーな認証基盤を構築することができます。

このページの先頭へ